行田市で交通事故治療・むち打ち治療なら口コミ1位の認定院へ

ひまわり鍼灸整骨院 048-554-2117

ひまわり鍼灸整骨院 受付時間

ひまわり鍼灸整骨院までのアクセス

交通事故に遭ったら

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 交通事故後しばらくして痛みが出てきた
  • 初めて事故を起こしどうしたら良いか分からない
  • 身体に違和感を感じる
  • 怪我や痛みを完全に治したい

身体に痛みや違和感を感じたら|ひまわり鍼灸整骨院

交通事故後、病院や整形外科を受診した際「頸椎捻挫」や「頸椎損傷」と診断を受け、その後、整骨院で治療を受ける際も、ケガをした部位のみ治療を行っていれば安心と思われている方が多いと思います。

行田市ひまわり鍼灸整骨院は、交通事故治療を得意としており、ケガをした部位だけでなく、身体全体へアプローチすることにより、より治療効果を実感いただいております。

ひまわり鍼灸整骨院のカウンセリングでは、お身体の状況だけでなく、交通事故時の状況や身体の位置、角度、衝撃の強さなどまで、細かく伺ってまいります。

身体全体の状態を把握し治療を行います

例えば、交通事故の衝撃で腰を強く打ち、痛みをかばうため、普段とは違う歩き方や動作になってしまうことで、膝に大きな負担をかけていることがあります。

そうした負荷が、直接の損傷部ではない膝にも負担をかけ、痛みを生じさせているケースもあります。交通事故によるケガは、全身を観察すると、直接ケガをした部位だけでなく、身体の他の場所へ影響が出てしまっている場合も少なくありません。

行田市ひまわり鍼灸整骨院では、交通事故によるケガの患部だけでなく、身体全体の状態を把握する事により、それぞれの方に適した治療を行っております。

早めの治療が後遺症軽減に繋がります

首のむちうちの治療に関しても、首だけでなく、骨盤や背骨などのゆがみを矯正し、全身のバランスを整えることで、むちうち自体の治療効果も上がります。

首の骨である頸椎から背骨が繋がり、身体の中心を通って、土台となる骨盤へと続きます。これら全体のバランスを整えることにより、むちうちの治療期間が短くなるだけでなく、痛みや後遺症なども軽減することができます。

交通事故によるケガは、早めに整骨院を受診し、全身治療を行うことで、その後の治療期間や生活の質を変えることにも繋がります。行田市周辺で、交通事故によるケガでお悩みでしたら、ひまわり鍼灸整骨院をお尋ねください。

交通事故直後の注意点|ひまわり鍼灸整骨院

1.交通事故直後の損害賠償の話は控えましょう

交通事故によるケガの治療費に関する交渉は、治療費の総額が明確になった治療完了後に行いましょう。交通事故現場で、示談書や念書への署名や捺印も避けましょう。
交通事故に遭ったら、その後のトラブルを避けるためにも、まずは警察に連絡し、問題が生じた場合には、必ず第三者の専門家を交え行うようにしてください。

2.交通事故後は、病院で検査を受けましょう

交通事故にあった直後は、興奮状態になっていることも多く、ケガや痛みに気がつかないこともあります。交通事故の症状は、時間が経ってから出てくる場合もありますので、交通事故後は、病院で検査を受けることをおすすめします。
早めに適切な治療を受けることは、後遺症などのリスクを減らすことにも繋がりますので、軽い痛みや症状でも放置せず、必ず病院を受診し、必要な検査を受けてください。

3.交通事故後は、保険会社への連絡も早めに行いましょう

交通事故後は、ご自身が加害者でも被害者でも保険会社へ連絡する必要があり、連絡が遅くなってしまうと、補償の申請や需給が出来なくなるケースもありますので、早めに忘れず行ってください。
また、交通事故によるケガで通院している場合、事故直後に受診した病院から、自宅や会社の近くの病院へ転院することもあります。そうした場合にも、適宜、保険会社へ必ず連絡を行いましょう。連絡をしないまま転院してしまうと、保険金が支給されない場合もあります。

4.交通事故後は、すぐに警察へ連絡しましょう

交通事故後は、警察で交通事故証明が発行され、保険会社への保険請求などの際、必ず必要になります。
ご自身が加害者となってしまった場合、警察への届け出を行わない方もいらっしゃるようです。被害者、加害者、どちらの立場であっても届け出を出す義務がありますので、必ず警察へ連絡をするようにしましょう。
示談や物損事故として事故を終わらせてしまうことで、痛みや違和感などの症状が時間を経過して出た場合など、治療費が請求できなくなる場合があります。

5.加害者の所在確認は、必ず行いましょう

ご自身が被害者の場合は、交通事故現場で、下記の項目を必ず控えておいてください。
加害者の氏名
車種、ナンバー
電話番号
住所
会社の住所、電話番号など
加害者の運転免許証や車の車種、ナンバーなどを、携帯電話やスマートフォンのカメラで写真に収めておくのもよいでしょう。

6.通院などにかかった費用の領収書は、保管しておきましょう

交通事故によるケガの治療費は、自賠責保険や任意保険の補償を受けることが可能ですが、これらを保険会社に請求する場合、入院費や治療費、通院にかかった交通費などを証明するものが必要になります。交通事故によるケガの治療費に関連する領収書や証明書などは、一定期間、厳重に保管しておくことが重要です。

7.交通事故現場の目撃者の連絡先も確認し控えておきましょう

交通事故現場の目撃証言は、事故後の示談交渉の際に大変重要になることもあります。現場に目撃者がいた場合には、お互いの連絡先を出来るだけ交換するようにしましょう。
また、携帯電話やスマートフォンのカメラで事故現場の写真や動画を撮影しておくことも有効です。

行田市 ひまわり鍼灸整骨院 お問い合わせ・ご予約

ひまわり鍼灸整骨院

048-554-2117

住所
〒361-0032
埼玉県行田市佐間1丁目19番38号

受付時間